ローリスク・ハイリターンを限りなく探求するブログ
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


4月24日
2008年04月25日 (金) | 編集 |
ようやく、録画週間スケジュールが確定。

:ギアスR2/隠の王
:ソウルイーター/お稲荷様
:RD潜脳調査室/秘密
:[無し]
:図書館戦争/紅
:マクロスF/ドルアーガ
:ペルソナ/ブラスレイター/メイドガイ/二十面相の娘

モノクロームファクター/クリスタルブレイズ/アリソンとリリア/狂乱家族日記は切りました。
秘密/図書館戦争/ドルアーガはギリギリの線で生き残りました。
スポンサーサイト

4月15日
2008年04月15日 (火) | 編集 |
ブラスレイター」。ゴンゾの浮き気味のCGも板野演出には意外と合いますね。「エンゼルコップ」とか好きだったので、視聴決定。

クリスタルブレイズ」。あまりにも古臭いのに唖然としました。「大人も楽しめる」というのは「80年代OVAが好きなオッサンでも楽しめる」という意味だったのですね。

図書館戦争」。浜名監督という事で実質トランスアーツ制作なのかと思ったら、プロダクションIG本体の「精霊の守り人」スタッフの一部も合流しているんですね。荒川君は完全に美術の人になっちゃったのかな。

狂乱家族日記」。これまた「テンプレご苦労様!」という感じでした。でも、花澤さんの声は聞くと和みますね。

二十面相の娘」はネタ的にレトロ路線を目指していますが、「クリスタルブレイズ」と違って作画・演出はちゃんと今レベルに達しています。面白くなりそうな匂いは発しているのですが、声優の演技がちょっと合っていない気が…。

ギアスR2」は2回目で調子を取り戻したみたいで、安心安心。一期の頃から見終わった後、心臓がバクバク気味になるんですけど、色調がキツい(輝度・コントラストが高い?)せいかな…。
お稲荷さま」は逆に2回目で調子を落としたような。緊迫する場面とギャグで落とす場面のメリハリが無くて、中間のテンションでダラダラと進行している感じ…。

4月9日
2008年04月10日 (木) | 編集 |
マクロスF」は予想通り本気のサテライトでした。

ドルアーガ」はGONZOだけど賀東脚本なので見てみましたが、寒いパロギャグてんこ盛りでこれはどうかと思ったのですが、なんかGyao版だと第一話は全然違う話らしいですね。もう一話様子見。

仮面のメイドガイ」は期待通りの出来。B級の話にはB級の作画、さすが怪物王女チーム、至高のB級作品に仕上げてきましたか。

コードギアスR2」初回は、物足りない感じ。視聴率も低かったみたいですし。一期はもっと全力で扇情的な感じだったと思ったのですが、スロースターターなのかな…。

隠の王」は、同スタッフの「LOVELESS」は見ていなかったのですが、作画や動きも良いし、主人公に「ホスト部」のハルヒみたいなノリもあって、意外と良かったです。あ、「LOVELESS」の監督は「モノクロームファクター」の方に行ったのですか…。

ソールイーター」は、主人公が致命的に棒子ちゃんでしたが、ボンズだけあって動きは良かったです。しばらく様子見で視聴継続。

我が家のお稲荷様」は、「ラノベは設定かぶりが多くて大変ですね~」と思いやりつつ視聴。

モノクロームファクター」は監督が原作改変してBL味を誇張し過ぎちゃって、ちょっとキツイですね…。

RD潜脳調査室」。「メタボ萌え」の前評判の意味を理解。女の子がみんなプクプクムチムチしてる~。シリーズ構成が「BLOOD+」で、監督が「シュヴァリエ」って、どんだけスローテンポなんでしょうか。まさに「ゆっくりしていってね!!!!」ですね。

秘密」。「RD潜脳調査室」に続いて、スーパー脳みそタイムのスーパー野中タイムでした。正直、野中藍のアニメ声は白泉社系シリアスキャラには合ってないと思いました。


4月5日
2008年04月05日 (土) | 編集 |
ちょwww、「ポータル」面白過ぐるーーー!!!!
さすが、去年のゲーム・オブ・ザ・イヤーを受賞しただけあるぜ。
面白過ぎるあまり、燃えるゴミを出すのを忘れた…。(´∀`;)

もはや、ヤケ買いの領域に片足を突っ込んでいる気もしますが、Wii本体と「メトロイドプライム3」と「CoD4」の360版とDS版が届きました。あと「S.T.A.L.K.E.R.」の輸入版を注文中。

4月4日
2008年04月05日 (土) | 編集 |
神霊狩」最終回。
神回(太郎きゅん的な意味で)でしたが、小中はやっぱり小中でした。
大団円なのは良かったです。

○新番組
アリソンとリリア
冒険アクションを描きたい意図は分かりますが、作画力というかコンテ力が付いていけてない感じ。継続するかは微妙。


視聴直後、正直「どうかな~?」と思ったのですが、2chのスレで原作が西尾維新のパクリだとあったので、「なんだ、戯言シリーズがアニメがされたと思って楽しめば良いんだ!」と割り切れました。むしろネタアニメとして期待。幼女の着替えの動画が凝っていたのにはワロタ。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。