ローリスク・ハイリターンを限りなく探求するブログ
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


株価を構成する力
2006年04月30日 (日) | 編集 |
[「日経平均力という力」からの続き]


 ここに於いて僕は、株価を構成する力は以下の4つだと考えます。


 1 ファンダメンタル力
 2 テクニカル力
 3 テンポラリー力
 4 日経平均力



 1~3は当たり前過ぎるラインアップではありますが、日経平均力との関わりで説明すると、ファンダメンタル力は個別の企業の財務や通常業務能力や業績等を反映した力で(市場全体に関わるマクロなファンダメンタル要素は日経平均力の範疇)、日経平均力に対するセンシビリティやバイアス、オフセット(底値の支え)等として機能しています。
 テクニカル力は短期的な需給関係による売買圧力で、日経平均力とは同方向なら合成、逆方向なら打ち消し合います。
 テンポラリー力は、いわゆる「材料」の突発的な出現による売買圧力です。「思惑」や「物色」もこの領域でしょう(「底値を拾う」とかだとテクニカル力ですが)。


 もっとも、これらは、完全に独立して存在する力という訳でもなく、一つの事象が複数の力を生じさせる事もしばしばあります。例えば業績予想の修正や決算発表はファンダメンタル力も、同時にテンポラリー力も発生させます。仕手筋の介入は、日経平均力を無効化するぐらいの強力なテクニカル力とテンポラリー力を発生させます。為替の変動も急激であれば、輸出メインの企業にとっては、ファンダメンタル力・テンポラリー力・日経平均力の3重のプレッシャーを発生させます。


 この四つの力が互いに影響し合って株価を織り成して行くと考えているのですが、僕は最近、この中で意外と4の日経平均力のウェイトが大きいのではないかと思っています。


 もちろん、一番圧力が強いのはテンポラリー力だとは思いますが、日経平均力も大きくなると容易にテンポラリー力に転換されます。個別銘柄のテクニカル力も、日経平均のテクニカル力が大きいと、すぐにかき消されてしまいます。ファンダメンタル力に至っては、能動的に株価を動かしえません。だから、強力な材料が無い時は「まず地合ありき」なのではないでしょうか。


 実際、この一ヶ月の間、取引手法を変えるべく、優良割安銘柄や劣悪割高銘柄とかをスクリーニングして、約40銘柄のチャートを一覧できる環境を作ったのですが、どのチャートも似たり寄ったりなのです。普通の株・新興株・悪材料が出て崩落した株・低位仕手株の3~4タイプぐらいにしかバリエーションが無く、特に普通の株は皆、日経平均チャートと移動平均線の波打ち方が同じなのです。もちろん、各銘柄で振幅が違うので完全な同一形ではありませんが(下げ反応が低くて25日線の上昇が一直線に続いている銘柄もある事はある)、ばらつきが弱いのです。また、陰線/陽線やGD/GPの並び方も普通株の8割以上が同じなのです。テクニカルなエントリーポイントが無い時は、監視銘柄のホトンドに於いて無いのです。これには頭を抱えています。


 これは、去年後半からの無茶な上昇→LD&マネショック→量的緩和解除&年金リバランス→材料の乏しい決算相場という流れで、個別銘柄の事情がかき消されて、強制的に流れを揃えられてしまったためだと思われます。まさに日経平均力の独壇場といった感じです。


 で、こう考えてくると、個別の株をやるより、もっとシンプル&ダイレクトに日経平均連動型商品や先物等と、オプション取引のプットを組み合わせて買う方が効率的かつローリスクのような気もしてくるのですが、皆がそこになだれ込まない所を見ると、何か罠があるのでしょう。僕がオプション取引のプレミアムの仕組みをよく理解していない事もありますが…。
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。