ローリスク・ハイリターンを限りなく探求するブログ
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


5月12日の取引
2006年05月12日 (金) | 編集 |
7717:ブイ・テクノロジー 信買い
             -30tick(前日比-1tick)
6645:オムロン 300@3250,200@3190→3110買戻し
+58k

-------------


 日経平均、豪快に下値支持線を割り込んで下げましたね。「泣く子と日経平均にはかなわない」という感じ。CBで評論家が、軟調が続いている時に「景気も企業のファンダも上向き!」と買い煽ると、大抵翌日は下げなのです。アチャー(ノ∀゚)


 昨日の大引けで買い戻しそこなったオムロンを、寄りに成りで買い戻しました。前場は始値から3tick下げましたが「尻尾はくれてやれ」という事で。ここは優良割安銘柄として監視しているだけあって、戻し圧力が頑強なので、早く逃げたかったのです。その証拠に、後場はプラ転しているし。Σ(゚Д゚;


 しかし、これだけ長く持って、この程度の利ざやでは回転率が悪過ぎですねぇ…。
 反省点としては、下値支持線に割りと近い位置で売りに入ってしまったのと、下値をブレイクしたと勘違いして下値帯で売り増ししてしまった事ですね。それで、一回反発されて、下に戻ってくるのを待つ破目になってしまいました。基本に忠実に、グランビルの売り2ポイントの火曜日の後場辺りで入るべきでした(日経平均の25日線がまだ上げているから恐いでしょうけれども)。


 それから、損切りラインの設定の難しさも痛感しました。ザラ場中に損切りラインを超える事が何回かありましたが、終値ベースでは戻していたので助かりました。損切りラインの設定が、あと数tickタイトだったら、この取引は損になっていたでしょう。BNF氏のように「損切りラインも地合・セクター・個別の銘柄の癖に合わせて柔軟に設定する」べきなんでしょうけれども、それは天才ならぬ凡人の身には難しい事です…。


 Vテクは月曜の決算に備えて、持ちこたえた感じ。


 さて、来週から打診部隊を出動させたい所ですが、決算発表がまだの企業も多いみたいなので、土日にスクリーニングをかけて良いのか悩みます。
 あと、日経平均日足が下ヒゲを付けたので1~2日は自律反発しそうですが、25日線は完全に下降に入ったから、ポジションもどうしたものか…。
 もう、一週待つべきでしょうか?
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。