ローリスク・ハイリターンを限りなく探求するブログ
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


8月29日の取引
2006年08月29日 (火) | 編集 |
7717:ブイ・テクノロジー 現物 -83.1tick(前日比+0.6tick)
-------------
4063:信越化学 信買い ±0tick(前日比±0tick)
6481:THK 信買い -6.0tick(前日比+0.5tick)
7751:キャノン 信買い -1tick(前日比±0tick)
7955:日本バルカー 信買い -3tick(前日比-1tick)
-------------
3755:GDH 信売り +11tick(前日比-3tick)
8834:東京機械製作所 信売り +1tick(前日比+1tick)
6508:明電舎 信売り ±0tick(前日比±0tick)
8834:藤和不動産 信売り +19tick(前日比-4tick)
-------------
日経225平均動向:GU/十字線/前日比 +
買い玉前日比平均:-0.16tick
売り玉前日比平均:-2tick
-------------

 「うっそだぁー」
 と、よつばのとーちゃんじゃないですが言いたくなります。
 場中に損切りは無かったのですが、日経平均が上げているのに買い玉軍団が下げていて鬱な気分になりました。さすがに大引けには辻褄を合わせて来ましたが、今日みたいな日にもっと上げてくれないとグロスで逆鞘になっちゃうよー。

 「損切りは早く、利は伸ばせ」と言いますが、損は伸びても、利が伸びてくれませんねー。プレイヤー自身の力では利を伸ばせないインタラクティブ性の低さが、株のクソゲーたる所以ですが、それだけではなく、狙った方向にはジリジリとしか動かず、意と反する方向には大きく動くのも嫌な現象です。僕は、基本に忠実に仕掛けているつもりなのですが、やはり損方向は基本の自然な流れに反する意図的な動きだからこそ、大きなエネルギーを伴っているという事なのでしょうかね…。

 14:00から監視銘柄群のチャートをチェックしましたが、8割方がGU後の「たすき」か「はらみ」の二連陰線でした。
 そんな中で、陽線でグランビル買い3になったキャノンを新規買い建てしました。国際優良銘柄だから、日経平均への連動性が少し上がるかな…。
 対抗の売り玉は、水平な25日線を静かに割っていた明電舎にしました。いつものドワンゴでも大陰線で25日線を割っていたので良かったのですが、月足でも既にかなり低位な上に、意外と自己資本比率が高いので、今回は見送りました。

 これで、銘柄枠は一杯になりました。あとは銘柄入れ替えか、分割エントリー(中途半端気味な位置なので1回ナンピンする事を織り込んだエントリー)銘柄の積み増しだけになります。

 CBでは秋相場は軟調とか言ってましたね。中間配当取り相場とか無いのかなぁ…。
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。