ローリスク・ハイリターンを限りなく探求するブログ
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


9月1日の取引
2006年09月01日 (金) | 編集 |
7717:ブイ・テクノロジー 現物 -92.7tick(前日比-3.5tick)
-------------
6481:THK 信買い -6.5tick(前日比-3.5tick)
7729:東京精密 信買い +1tick(前日比±0tick)
7955:日本バルカー 信買い ±0tick(前日比-2tick)
-------------
3864:三菱製紙 信売り -3tick(前日比+4tick)
8834:東京機械製作所 信売り -7tick(前日比-6tick)
6508:明電舎 381→394買戻し -39k
-------------
日経225平均動向:GD/陽線/前日比 微-
買い玉前日比平均:+2.75tick
売り玉前日比平均:-1tick
-------------
  コンナソウバヤッテラレルカーーー!!
    ∧∧   ⌒ ___
   (#゚Д゚)  ⌒ //   ヽ
    |つつノノ ==| |    ;;|
  ~|  |    | |  δ ;;|  ∵
    ∪∪   ==| |    ;;;|
          ヽヽ  ,,;;/ ≫∬
            ̄ ̄ ̄  o
 せっかく地合が下げているのに、何で売り玉を損切る事になるんじゃー!!
 また逆鞘かよ…。○| ̄|_

 前場は、三菱製紙を損切る事になるかと身構えていたら、明電舎の方に大人買いが入ってきました。上ヒゲの可能性という邪念が脳裏に浮かんだせいで、一瞬の躊躇が入り、指し直しのスピードが上昇スピードに遅れて、規定の10tickで損切れませんでした…orz。あのスピードは、僕と同類の売り方が慌てて損切りで踏み上げたせいですかね。売り方の損切りが一段落したのか、15tickまで行ってから13tickまで戻ってきたので、何とか待ち指値で損切りました。
 25日線越えは意識していたのですが、地合逆行というファクターをパニックで忘れていたのが、邪念が湧いて素早くクールに損切れなかった原因でしょう。平常心は難しいです…。
 まぁ、後場は更に暴騰したので、結果的に損切った事自体は大いに正しかった訳で、納得して気持ちを切り替えましょう。

 ムカついたので、クールダウンのためにフテ寝。夢にみどろさんが登場しました(正確にはみどろさんは学校を欠席していましたが)。パール フフフ…ヤクイワネ

 さて、こう逆鞘が頻繁に発生するのを考えると、ポートフォリオ&銘柄選択に問題点が有ると考えられます。

  買い玉はグランビル買い1(強いGC)のつもりでエントリーしたのに、上値が重くて伸び悩んでしまっている。
  売り玉はグランビル売り1(DC)のつもりでエントリーしたけれども、下げが長めに続いて25日線が水平になりかかるトレンド終盤のDCだったので、勢い良く切り返されてしまっている。

 こう検討してみると、買い玉は不可抗力的な面もありますが、売り玉については、「グランビル売り1は、25日線のそれ以前の上昇からの水平状態に対するDCに限る」という教訓を得られそうです。

 また、ポートフォリオに於いては、「ちょっとヤバ目かな?」と薄々思いながらも、ポジションバランスによるリスクヘッジを重視して、強引に売り玉を建てていた面もありました。全銘柄が常に正確に日経平均と連動するとは限らないので、ポジションバランスよりは、個別銘柄ごとのシグナルの強さを優先して考慮すべきという事でしょうかね。シグナルに従えば自然と地合に沿ったポートフォリオになる、「神の見えざる手」の存在に期待したい所です。
 最近は「直近高(底)値まで数tickの直前で引き返す」という嫌な神の手は良く見かけますが…。(´∀`;)

 という反省を元に、後場はポートフォリオ改善を目指して、買い玉はグランビル買い3の銘柄、売り玉はグランビル売り3の銘柄を建てる事にしました。
 で、買いはディスコ東京精密、売りは富士火災海上保険に指値を入れたのですが、約定したのは東京精密だけでした。
 ディスコは直近高値を目指してグイグイ上昇したので逃げられてしまいました。
 富士火災は14:57に引け成り売りにしたのですが、失効になってしまいました。こんな事もあるのですね…通信ラグ的に時間切れだったのかな???

 日経平均は、上昇基調に入ったようですね。
 中間配当相場に向けて、週末はエクセルを更に改良したいと思っていたのに、土曜はマケスピが夜まで動かないとは。ヽ(`Д´)ノムキー
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。