ローリスク・ハイリターンを限りなく探求するブログ
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


9月13日の取引
2006年09月14日 (木) | 編集 |
7717:ブイ・テクノロジー 現物 -101.6tick(前日比-2.9tick)
2712:スターバックスコーヒージャパン 現物 -1tick(前日比-1tick)
-------------
6146:ディスコ 信買い ±0tick(前日比±0tick)
7729:東京精密 信買い +10tick(前日比+17tick)
-------------
4004:昭和電工 信売り ±0tick(前日比±0tick)
5974:中国工業 信売り +15tick(前日比+9tick)
6479:ミネベア 信売り ±0tick(前日比±0tick)
8178:マルエツ 608→593買戻し +15k
-------------
日経225平均動向:GU/陰線/前日比 +
買い玉前日比平均:+17tick
売り玉前日比平均:+9tick
-------------

 引け後は損切りアラートの条件式を変更していたので、こちらの更新が遅れてしまいました。

 さて、その損切りですが、昨日の損切りはキャノンを除けば、半分正解だったようです。寄り付きでは、かなりの反撥だったものの、それでも買値はもちろん25日線も越えない状態で、結局大引けには、昨日の損切り値を下回る値まで下げました。
 キャノンだけは昨日の時点で25日線を割っていなかったので、今日は5日線の上にジャンプUPして引けました。慌てて切らなければ良かったなー。やはり、25日線を跨ぐかどうかで損切り基準を終値にするか場中にするかの切替は、有効なようです。

 それでも前場は「昨日損切ったのは失敗かも…。やられたなー」と思い込んでいて、今後の「損切り」についてを再考察していました。

 昨日みたいな一日でのランコルゲはインパクトが強いので「ダマシにやられた!」という感じを受けますが、良く考えてみると、あの動きに数日かかったとしても、結局同じ損切りをしている筈です。スピードが遅い分、各銘柄毎に数tick節約できたり、キャノンを慌てて切らなかったかもしれませんが、基本的にルールは同じですから。
 では、何故、1日でのランコルゲヒゲだましにインパクトを受けるかと言えば、株の利益は絶対額だけではなく「単位時間当たりの額」で測るものだからでしょう。そして、それは「損切り」の存在意義であり、「勝敗条件」でもあるからでしょう。
 つまり、絶対的な株価の回復だけならホールドという手もあるのに、わざわざ「損切り」をするのは、「損の拡大を防ぐ」という意味だけではなく、「その分の資金を他の銘柄に回せば、ホールドで回復するより、速いスピードで損を埋めて利益を出せる」という読み(あるいは決意)の表明でもあるからです。だから、瞬時に切り返して値を戻すランコルゲヒゲだましには、いきなり「敗北」な訳です。
 また、冒頭で損切りが「半分」正解と書いたのは、替わりに建てた銘柄が利益を出すかどうかが、まだ未定だからです。

 と言う訳で、素早く玉を補充しないと「損切り」の意味が無いので、後場は新規に建てました(ランコルゲが続くような荒れ相場は「休むも相場」ですが)。
 買い玉は、キャノンも一瞬考えましたが上値余地が少ないので、こんな地合でもグランビル買い3の形になっていたディスコに、3度目の挑戦を仕掛けました。
 売り玉は、共にグランビル売り1っぽい昭和電工ミネベアに建てました。

 では、ランコルゲヒゲだましにはどう対処するかと言えば、損切り幅を大きくするしかありません。しかし、そうなると「損小利大」の原則で、ますます利食い設定値が遠くなってしまいます。となると勝負が長期化して資金の回転が落ちてしまうのが悩み所です。ここら辺の、ライン設定を到達確率と相談しながら地合やセクターや銘柄毎に上手い具合に調整するのが、相場師の勘所なんでしょうねぇ…。
 取り敢えず、株価の絶対値が高くて分割エントリーができない銘柄だけは、ロットが半分の代わりに損切り幅を2倍にする事にしました。それで引け後に、細かい部分の改良を含めて、損切りアラート条件式の変更を行っていたのです。

 さて、日経平均ですが、今日の相場で潮目が変わった感じがします。終値の数値的には反撥ですが、しばらくは下げじゃないでしょうか。15000円前後まで下げるかな…。
 外人さんは、米国の景気は軟着陸すると楽観視しているようですが、日本の景気は失速すると警戒しているみたいですから、US市場が上げても、日本は下がるのでしょう。
 さっきTVに竹中大臣の側近の人が出ていたのですが、「今出ている日本の各経済指標は、明らかにデフレが継続している事と景気の失速を示しているのに、日銀がマネーサプライを急激に減らしているのはマズい。政府は警告を発しているのに、マスコミは報道していない。」と言っていました。外人さんは、日本の空気にはお構いなくクールに経済指標の数値だけを見て判断するから、売ってくるのでしょう。
 あと、短期的には9月後半にラマダーンに突入するみたいのなので、その先回り売りが入りつつあるとも考えられます。
 今後は、売りポジを若干重めかな…。
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。