ローリスク・ハイリターンを限りなく探求するブログ
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


9月19日の取引
2006年09月19日 (火) | 編集 |
7717:ブイ・テクノロジー 現物 -96.2tick(前日比+3.9tick)
-------------
4061:電気化学工業 信買い ±0tick(前日比±0tick)
6146:ディスコ 信買い 6890→7100売却 +42k
6305:日立建機 信買い +4.5tick(前日比+6tick)
8874:ジョイント・コーポレーション 信買い -1tick(前日比-3tick)
-------------
1803:清水建設 信売り +5tick(前日比+2tick)
4004:昭和電工 信売り -9tick(前日比-9tick) 売り増し
5406:神戸製鋼所 信売り -4tick(前日比-2tick)
6479:ミネベア 信売り 628→652買戻し -48k
-------------
日経225平均動向:GU/上ヒゲ陰線/前日比 微+
買い玉前日比平均:+1.5tick
売り玉前日比平均:-3tick
-------------
       ◤◥◣
  ▂  ◢◤▀〓▲▂▐         ▂ ▪ ▂▄▅▆▇■▀▀〓◣▬ ▪ ■ … .
 ▍ ▼     ◥◣▼        .▂▅■▀ ▪ ■ ▂¨ ∵▃ ▪ ・
  ▀▍ ◢◤     ▅ ▐◣   ◢◤ ◢▇█▀ ¨▂▄▅▆▇██■■〓◥◣▄▂
    ▍  ▅ ◢■     ▍ ■ ▂▅██▅▆▇██■〓▀▀ ◥◣ ∴ ▪ .
  ▐   ▂   ▐◣ ▐▅▇███████▀ ▪ ∴ ….▅ ■  ◥◣
   ▀◣▂  ▀◥▅▆▇████████▆▃▂  ▪ ■▂▄▃▄▂
     ◥◣▄▂▄▅▀   ■  ¨ ▀▀▀■▀▀▀ ▪ ■ ∴‥
 ぶはー、連休で昼夜が逆転して頭がDr.モーローとしている時に、またまた盛大にやられましたよ、ヒゲに。ヒゲとボイン。

 まず、買い玉のディスコが自動利確。ご苦労様でしたと言いたい所ですが、この後更に10tickも伸びました。まったく、利確タイミングは難しいです。

 次に問題の売り玉ミネベアのアラートが点きました。高額で損切り幅2倍の銘柄は場中切り扱いにしていたので、切る準備。チカチカとアラートが点滅するのと、「ここで切るとディスコとの利鞘が数kにしかならない」という色気が出て、躊躇していたら、一気にラインを抜いて戻らなくなりました。Σ(゚д゚lll)ガーン 
 先物がガンガン上がるので恐かったのですが我慢して、9:50頃のナイアガラで戻ってきた時に、底が固そうだったので切りました。スリッペジ(切る予定だった値と実際の約定値の差)は4tickになってしまいした。
 で、反省兼昼寝を経て、後場に見たら、損切りラインの下に戻しているじゃないですか。ガガ━━ΣΣ(゚Д゚;)━━ン
 結局、前場で10tick上げた後、大引けまでに21tick下げるという、超イカサマ。こんなボラリティは取引基準設時には想定外です。残念ながら、ディスコと逆鞘で損が出てしまいました。…orz。

 今日の反省点。
 1 反対玉に分割エントリーがある場合は、損切り幅倍の取引はしない。損切り幅倍に到達するぐらいの地合という事は、反対玉の分割エントリー2回目が実現されていない(枚数が基準に達していない)可能性が高く、かなりの確率で「損小利大」で無くなる危険性が高い。
 2 損切り幅倍の取引でも25日線を越えないなら「引け切り」判断。
 3 そして、それでも切るなら速攻で躊躇せずに切る。

 あと、これは反省すべき事か結論はまだ出ていないのですが、「分割エントリー同士の両建ては、地合が一方向に突き抜けると損が出る方の玉の枚数だけが倍になって『損大利小』になってしまうのではないか」というのが心配になってきました。ボックス展開で両方とも買い増し・売り増しになれば激(゚д゚)ウマーなのですが。長めの日足に引け成りで仕掛けるのは恐いので、分割エントリーにしがちですが、やはりシンプルに一発勝負にするべきなのかなぁ…。あるいはナンピン分割は止めて、グランビル買い2/売り2の時の追撃分割だけにするとか…。

 それはともかく、昭和電工が規定値を越えて来たので、売り増し。
 売り枚数が重くなったので、電気化学工業を新規買い建て。これは25日線近接なので、一発エントリーです。

 日経平均は25日線と5日線に挟まれて、どっちに行くか予想がつきませんねぇ。RSIは下がり気味ですが、乖離率・サイコロ・ボリバンは中ぐらいだしなー。月末まで大人の殴り合いの日々が続くのか…?
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。