ローリスク・ハイリターンを限りなく探求するブログ
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


10月26日の取引
2006年10月26日 (木) | 編集 |
-------------
4543:テルモ 4600→4730売却 +39k
5186:ニッタ 信買い ±0tick(前日比±0tick)
6877:OBARA 信買い -4tick(前日比+4tick)
7269:スズキ 信買い -3tick(前日比-3tick)
-------------
2286:林兼産業 信売り ±0tick(前日比±0tick)
6335:東京機械製作所 信売り +2tick(前日比+2tick)
9202:全日本空輸 信売り -1tick(前日比+2tick)
-------------
日経225平均動向:GU/十字線/前日比 +
買い玉前日比平均:+0.5tick
売り玉前日比平均:+1.33tick
-------------

 うひゃほぅ、何とか順鞘状態に戻ったよ!
 でも、テルモの決算発表は来週の月曜日だから早く撤退しないとなぁ…、と思ったのも束の間、テルモが自動利確してしまい、逆鞘状態に戻ってしまいました。嬉しくもあり、悲しくもあり。(;´ω`)

 売り玉には、珍しく対消滅させる程のマイナス玉も見当たらないので、買い玉単独の息継ぎ(補充)をする事にしました。

 常にせっせと新規に玉を建てているのは、分散によってイレギュラーなノイズが均されて、「優良割安株の買い」と「不良割高株の空売り」の間で順鞘になる蓋然性(高い事が妥当であるニュアンスを含む確率)が高まると考えているからです。
 その意味で、OBARAをカバーすべく建てた筈のスズキが、今日は利食い売りに押されて下げたのは、ちょっと誤算でした。

 と言う訳で、上値突破型のスズキが不調なので、今日はグランビル買い2型のニッタを新規買い建てました。

 日経平均は相場の転換点を示す「十字線」になりました。
 でも、アメリカ市場は無茶苦茶強いからなー。
 昨日テレビ番組で双日総研の人が言っていたのですが、「日本ではアメリカ経済については『住宅バブルがはじけそうだ』という事しか報道されていなかった。しかし9月頃からの現地の空気としては、『景気軟着陸・石油価格下落・金利上昇打ち止めの3大超ラッキー!』という超楽観状態が続いている。だから10月に最高値を取りに来ても全然おかしくなかった。」のだそうです。
 で、9月の段階でこれを見抜いていた日本のエコノミストは、ミラーマン植草氏、唯一人だったのだそうです。やはり、あの眼力(めぢから)は伊達じゃなかったのですね!(゚∀゚;)

 …なんて事を書くと、明日は下げそうですね…。(´∀`;)
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。