ローリスク・ハイリターンを限りなく探求するブログ
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


11月8日の取引
2006年11月08日 (水) | 編集 |
9444:トーシン 現物 -152tick(前日比-17tick)
-------------
7956:ピジョン 信買い -2tick(前日比-3tick)
-------------
5406:神戸製鋼所 信売り ±0tick(前日比±0tick)
8308:りそなホールディングス 346000→339000買戻し +28k
-------------
買い玉前日比平均:-3tick
売り玉前日比平均:±0tick
信用ポジション総計:-2tick
-------------

 諦念漂う中での小康状態。

 りそなHDを新規に導入した最低確保ルールで14:30に利確。

 昨日、11月に入ってからの惨状についての原因究明をしたのですが、やはり凡ミスが含まれている事が分かりました。(;´ω`)
 買い玉の千代田インテグレ、売り玉のペンタックス日本電工は、明らかに、オシレーター系のテクニカルリバウンドでした。監視銘柄エクセルを過信して、グランビル売り4以外のRSIチェックを忘れていたのです。楽天のRSSはRSI等の加工データは配信してくれないので、いつの間にか盲点というか死角になっていました。反省。○| ̄|_
 ちなみに、他の買い玉は地合い連動下げ、売り玉の三井製糖は不可避の怪しい材料上げなので仕方ないでしょう。
 また、昨日も書きましたが、損切り後の推移を見ると損切りは大正解だったので、結局エントリーの問題に帰結するようです。

 という訳で、りそなHDの補充銘柄を探す際に、改めてRSIもチェックするようにしたのですが、こうなると良いチャート形状の銘柄はどれもRSIが危険域に入っているんですよねぇ…。軽度の売りシグナルでも皆があっという間に売り浴びせるので、RSIも一気に落ちてしまうようです。
 奇跡的にRSIがまだそれ程下がっていない東都水産を見つけたのですが、注文しようとしたら売り禁でした…orz。
 結局、チャート形状が微妙ながらもRSIが20に達していない神戸製鋼所にしました。もっとも、前回はRSI30で反転しているので、恐いのですが…。

 日経平均は、裁定買い残や日足チャート的な下げ圧力と、RSIやボリンジャーバンド等のテクニカルな下辺との板挟みで、グダグダな状態が続きそうな気配です…。
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。