ローリスク・ハイリターンを限りなく探求するブログ
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


3月26日
2007年03月26日 (月) | 編集 |
 うわ、疲労困憊のせいか寝過ごして、燃えるゴミを朝に出し損ないましたよ…orz。

 と言う訳で、昨日は2度目のTOEICの試験でした。
 地図で見つけた近道を行こうとしたら工事でふさがっていたり、公称受付開始時間に行っても、係員がまだ来ていなくて会場案内図すら配られていなかったりして、ちょっと焦りました。
 試験内容については、前日まで特訓したのに、やはりPart2が苦手で苦しみました。他の要素から推理できない一発勝負なのに、非米国式発音で来られるとなぁ~。あと、後ろの人の咳払いと重なったりとか。
 まぁ、それでも他のPartは前回よりはできた感触があるので、良しとしますか。

 これで、English road はひとまずお休みです。
 語彙範囲のズレ(受験英語とビジネス会話)の修正、リスニングの短期記憶力(聞き終ると内容を忘れてしまう)の問題等、短期的な訓練と受験テクニックでカバーできる範囲の対策はやり尽した感じがします。結局、最後まで残った課題は速聴速読速考力でした。
 つまり、これ以上の点数を取ろうと思ったら、英語圏で生活するとか、ペーパーバックスを読みまくるとか、多聴多読多作文のストロングスタイルの勉強法しか無い訳です。よって中断。それに、お金の余裕がもうアレですしね…。(゚∀゚;)

 次の早急の課題は、すっかり離れていたゲームに対する感覚のリハビリですか…。
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
定義や要件、論証を覚える方法をもう一つ。まず、自分なりの方法で暗記事項を暗記したら、それを、言えるか暗唱します。このとき、なかなか出てこない単語やフレーズがあるかをチェックします。そういうポイントが発見できたなら、すかさず、『自分の指で、その部分を指しな
2007/04/01(日) 08:05:01 | 最強の裏技勉強法サイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。