ローリスク・ハイリターンを限りなく探求するブログ
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


4月10日
2007年04月10日 (火) | 編集 |
 「らき☆すた」はOPが癖になりますね。「ハルヒ」のノウハウが上手く活かされている感じです。本編がヌルい雑談なのは、たまにはこういうのも良いか、と言う事で。EDのカラオケのキョーダインにはワロタ。

 「ウエルベールの物語」は、表層IG&実質トランスアーツのテニプリチームらしい作りでした。枚数を節約するようなカット割りのおかげで、B級臭がプンプンするものの、その反面、話の進行テンポも良くなっています。ストーリーは安定していそうなので、視聴続行。
 竹内順子が成人女性声を出すと、高山みなみ系の声質になるんですね。

 逆に「sola」は、HV規格でお金がかかってそうなのですが、話の進行テンポが遅いです。これといったツカミも無かったので、最後の教会シーンになるまで、切ろうかと考えたぐらいです。

 「エル・カザド」は第2話にして、真下電波が放射されますた。(;´Д`)ハァハァ
 「グレンラガン」も第2話でテンションが落ちず良い感じです。

 前期は南央美が多いなぁと思いましたが、今期は井上麻里奈が多いですねぇ。
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。