ローリスク・ハイリターンを限りなく探求するブログ
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


6月14日
2007年06月14日 (木) | 編集 |
 「株トレーダー瞬」の記事を見るにつけ、やっぱりゲーム的なアシストが無いと株は良好なゲーム性が成立しないという事を再確認してしまいますねぇ。

 結局、運や野生の勘とは無関係に、理論的に導き出せる手法では、配当利回り以上に儲ける事はできないという事が、市場から退場してみると良く分かります。
 何故ならば、理論的に導き出せる手法は、大抵は一般個人投資家を含めて全市場参加者が採用する事ができるからです。そして、仮にその手法が優秀なら、市場参加者全員がその手法を採る訳で、となると、パイ全体で考えてみれば、市場の外部から流れ込んでくる配当以上に儲けられない事は自明な訳です。
 だから、どんな優れた指標の組み合わせでも、長期的には勝率50%±2~3%に収束するという話も頷けます。

 しかし、市場参加者が後を絶たないのは、上の論理に抜け道があるように見えるからです。

 第一に、まだ誰も見つけてない手法があり、それを秘匿すれば良いのではないかという道。
 第二に、理論的手法であっても、通常の他の参加者が手軽に真似できない手法という道。
 第三に、勝率が下がる前の時点で、複数の手法を乗り継いで行けば良いという道。

 第一の道は悪魔の証明になってしまうので、この抜け道を否定するのは困難です。
 実際、手法を秘匿しつつシステムトレードで大儲けをしている人もいるらしいので、何とも悩ましい問題ですが、第二の道と関連して普通の一般個人投資家が見つけるのは相当困難でしょう。

 第二の道は、大きく分けて資金量の問題と計算の複雑さの二つでしょう。
 資金量の問題は当然ですが、計算の複雑さに関しても、個人投資家がコンピュータで計算し発注するシステムトレードの環境がまだ日本では整っていない(法的に問題があると聞いた事がある…)ので、普通の一般個人投資家には手が出せません。現状では、ウィンドウズのプログラミングができるプログラマーさんが、細々とやっているみたいです。
 まあ、一般個人投資家が手を出せるぐらい敷居が下がったら下がったで、手法の比較優位性も消えてしまうので意味があまり無いのですが…。

 第三の道は、「乗り継ぐ手法とタイミングをどう理論的に導くか?」というメタ階梯を一つ上っただけの、同じ問題に行き着いてしまいます。
 そこに他人には理論的に真似できない要素が入るか、運や野生の勘を発揮しないと、乗り継ぎの成功率も5割前後に収束してしまうでしょう。
 実際、BNF氏はこの道で巨万の富を築きましたが、自分の脳によるコンピュータに匹敵する膨大な場合分けと、逆張りから順張りへの転換タイミングの成功という、ある種の野生の勘を発揮したものでした。
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。