ローリスク・ハイリターンを限りなく探求するブログ
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


12月31日
2008年12月31日 (水) | 編集 |
12月に読んだ本
 ・プログラミングの宝箱 アルゴリズムとデータ構造
 ・オブジェクト指向でなぜつくるのか
 ・憂鬱なプログラマのためのオブジェクト指向開発講座
 ・C++の絵本
 ・ビジュアルラーニングC++入門

 「猫でも分かるゲームプログラミング」という本にも取り掛かったのですが、序盤から見たことの無い用語・コマンド類がモリモリと出てきて、さっぱりチンプンカンプン。前書きには「Cのプログラムが理解できるのが前提」と書いてあるのですが、それだけではダメなようです。どうやら、WindowsのフレームワークやAPIについても学んでおかないと理解できないようで、全く「看板に偽り有り」です。
 Windowsのゲームを作りたい訳ではないので、プラットフォーム依存の部分には深入りしたくないのですが、日本人が書いているゲームプログラミングの参考書のほとんどがWindows依存なので、果たしてどうしたものやら…。
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2012/04/30(月) 05:47:20 | | #[ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2012/07/13(金) 03:59:42 | | #[ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2013/02/07(木) 14:17:51 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。